ブログ

大工さんの一日 2014/1

rss

W邸 真壁仕上ぞうきんずり

投稿日時:2014/01/29(水) 01:16

目にはあまり入らない細かい仕事の1つぞうきんずりという木を入れる作業です。洋間で言う巾木といわれるものと変わりありません。壁際の柱にチリしゃくりという溝をほっています。これは泥壁下地の漆喰、または塗り壁仕上のときにこの溝に泥壁が入り込む事で長い間に柱と壁の間に隙間ができないようにする為と左官さんが塗る際にその溝が基準墨の変わりになり真っすぐ塗りやすくなる為や大工仕事の1つの基準にもなるんです。そのチリしゃくりの溝にホソを作りぞうきんずりのよれ防止をしています。小さな仕事ですが1つ1つが合わさって家が出来上がっていきます。

W邸 新築工事 和室8畳間天井

投稿日時:2014/01/27(月) 12:39

和室8畳間の天井施行の様子です。天井板は土佐杉で1部屋が1本の木からとれたものを使用しているため木目が揃い美しいです。1本の木から天井板がすべて揃いでとれるのは無垢の木の天井板としては珍しいので
和室のイナゴ天井を見る機会があれば気にしてみてみてください。

O邸 門完成

投稿日時:2014/01/21(火) 01:55

門の木工事が完了した写真です。このあと瓦の施行をして完成です。

O邸 門の施行

投稿日時:2014/01/16(木) 12:42

これは門の施行をしている様子です。4m×2mの間の大きさです。家の新たな顔になります。

S邸 玄関ホール

投稿日時:2014/01/15(水) 01:54

これは玄関とホールをリフォームしている所です。部屋とは反対に腰板は杉の横ばりで4mの1枚板をはり、腰から上は杉の柾板を縦ばりにしています。今流行の壁の奥行きを利用したニッチ(飾り棚)を3つ付け、スリッパ置きも付けました。天井は笑天井で天井板に杉の白を使用しました。白だけの天井板は珍しくなかなかとれないため貴重な板です。